リーキーガットの対処療法と根本療法を理解しよう!

 

 

ネット等で見かけた治療法を闇雲に試しただけでは、期待した効果は得られないかもしれません。

 

リーキーガットに限らず病気や体調不良の対処には大きく分けて2つの対処法があります。

 

ひとつは対処療法で、もう一つは根本療法です。

 

例えばあなたが一層の船を漕ぎ出して海に出たとしましょう。

 

航海は順風満帆!と思いきや、気づけば船には穴が空き、浸水しているではありませんか!

 

ここで考えられる対処法としては、

 

1.水を掻き出す

2.穴を塞ぐ

 

という2つの方法があると思います。

 

これを治療に当てはめると、「1」が対処療法で、「2」が根本療法となります。

 

水を掻き出し続ければ船が沈没することはありません。

 

しかしながら、船の浸水が止まることはありません。

 

穴を塞げば浸水は止まります。

 

しかしながら、穴を塞ぐより先に船内は海水でいっぱいになってしまいます。

 

いま自分が実践している治療法が対処療法なのか根本療法なのかを正しく理解することで、

 

より効果的な治療を行うことができるのです。

 



FXで月50万稼ぐために必要な7つのルールとは

 

 

 

 

 



対処療法のメリット・デメリット

 

比較的早く効果が現れます。

 

しかしながら、対処療法をやめるとまた症状がぶり返してしまいます。

 

 

 

 

 

根本療法のメリット・デメリット

 

再発のない完治に近い状態まで治療することができます。

 

しかしながら、時間のかかることが多いです。

 

 

 

 

 

 

対処療法と根本療法を組み合わせよう

 

どちらが優れていて、どちらが劣っていると比較するものではありません。

 

対処療法で症状を抑えつつ、根本療法で完治を目指すのが最良の選択です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーキーガットの対処療法

 

リーキーガットとは、本来血液にのって流れていはいけない未消化の栄養素が腸に空いた隙間から漏れ出し、様々な不調として現れる不具合です。

 

未消化になりやすい栄養を含んだ食べ物を摂らない、消化の手助けをしてくれるサプリなどを摂る、といった対処療法があります。

 

 

 

 

 

 

リーキーガットの根本療法

 

リーキーガットの原因である腸内カンジダを減らす、ストレスに強い体質にする、消化力を高めるといった根本療法があります。

 

 

 

 

 

リーキーガット治療第一歩 まとめ

 

  • 対処療法と根本療法の違いをしっかり理解しよう

 

 

対処療法も根本療法も、作用する箇所やプロセスなどでそれぞれさらに細かくわけることができます。

 

いきなりすべてを理解しようとするのは専門知識のない我々一般人には難しいので、まずは対処療法なのか根本療法なのかを見極めてみましょう。

 

そこをとっかかりにして情報収集をすすめて行くと、必要な知識が徐々に身についていきますよ😋

 

 



関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう