コロナショック相場で持ってかれたお金たち 阿鼻叫喚の魔法おじさんは果たして立ち直ることができるのか

 

先日、サンダーストームではコロナショック収束を宣言さしてもらったわけなんですけれども

 

 

2019年お正月早々アップルショックの時は3日ほどで元値に戻り、すぐにいくら稼いだか集計できたのですが、

 

 

そんなわけでサンダーストーム、お正月早々3日で30万円稼いでしまいました。

 

 

今回のコロナショックは事情が少し違っていて

 

なんと1ヶ月もパニック相場が続いてしまいました

 

一般参加のトレーダーの方々はもちろん

 

ン千万含み損抱える億トレーダーさんとか

 

残金80万円になってしまった億トレーダーさんとか

 

今回も血の雨が市場に降り注いでおります

 

しかしながら

 

そんな中でも生き残り

 

且つ

 

利益を倍返ししていけるのが真のトレーダーなのではないかと思うわけなのであります

 

そんなわけで今回のコロナショック相場、サンダーストームFXはいくら稼いだのでしょうか!

 

 

 

★音声付き! メールで質問ができる!☆通信簿が2で、英語が大嫌いだったのに、 半年で通信簿45→72、1年でTOEIC 900を達成!英語苦手克服のカギは英文法にあり!英語苦手、英文法苦手を克服した経験を基に、 英文法を、初心者でも分かるように教えてくれます! →ゼロから英語

 

 

 

 

 

取引回数:

646回

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スワップ:

4,880円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確定損益:

879,155円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確定損益合計:

+884,035円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビヤハハハハハハハ😆

 

やっぱり僕はやれば出来る子!

 

いやむしろ1ヶ月で90万近く稼ぐとか頭おかしいw

 

これが毎月続いたら年収いくら?2500万くらい?ビヤハハハハハハハ😆

 

 

 

 

忘れちゃいけない含み損

 

はいはい。わかってますよ。

 

「いつか元の値に戻るし」「めんどくさいし」というコンセプトでFXやってるサンダーストームですから、基本損切りはしません。

 

つまり、含み損というものもボディーブローのようにしっかり蓄積してるわけです。

 

で、その含み損がですね

 

 

-1500000円

 

 

つまり60万円の大赤字

 

じわじわボディーブローってレベルじゃねーぞ!!

 

 

 

 

 

それでも、生き残ってるだけで丸儲け

 

虎の子の資金を溶かし、市場から退場となる個人トレーダーは9割に上るといわれています

 

そんな中、

 

第一次Brexitショック(国民投票)

第二次Brexitショック(離脱延期)

2019アップルショック

 

これらの危機を乗り越えてきたサンダーストームですから、今回もきっと大丈夫なんじゃないかなあとなんともなしに思ってます

 

為替レートがコロナショック前の水準に戻れば、私の完全勝利は確定します

 

だからみなさん、サンダーストームのためにお祈りしましょう。朝晩二回

 

1年後、2年後

 

そこに笑って自分の足で立っていられれば、それは私の勝ちなのですから

 

 

 

 

コロナはこれで終わりではないぞ

 

はいはい。わかってますよー

 

今回サンダーストームが収束宣言出したのは「コロナショック」に対してです

 

ぼくが言う「ショック」ってのは瞬間的なもので、言わば衝撃波の第一波で、比較的短期で収まります

 

第一波があるのなら、第二波もあるのでは?

 

そうです、これから実体経済を伴った第二波「コロナ大不況」がやってきます

 

世界中で人の移動、経済活動が厳しく制限され、会社は商売ができないですし、社畜の皆様はお給料がもらえないわけです

 

大恐慌が起こるのは当然ですね

 

悪い経済指標が発表される度に、コロナショック時につけた安値へジワジワと近づいていくことも十分想定されるわけです

 

 

 

プロはすでにもう先を見据えている

 

世界のプロフェッショナルなトレーダーの方々はアホではありません

 

すでに先の先を読んでトレードをしています

 

世界各国の状況やリーダー達の対応を見て、「コロナ大不況でもここより下はいかねえだろう」みたいなボーダーラインを設定しました

 

コロナショックの時の安値がそれです

 

そうです。プロフェッショナルな方々はとっくの昔に次のコロナ大不況を見て動いております

 

アメリカ、イタリア、スペイン、フランスなどで毎日数百人の方が亡くなっております

 

ロックダウンの延期・引き締めのニュースも日々耳に入ってきます

 

しかしながら、為替の方はあまり反応しておりません

 

(株とか油とかはすんませんあんまチェックしてません)

 

つまり、今僕らが考える「このまま行ったら経済やべーんじゃねーの」っていうレベルの悲観はプロフェッショナルな人々はとうの昔に想定済みで、

 

為替レートに織り込み済みになっているということです

 

 

戦場はすでに次のフェーズへ

 

 

このままコロナを見事封じこめ、コロナショック前の値に戻して完全勝利宣言するのか

 

それともコロナ対処を誤り、コロナ大不況でコロナショックの安値を更新してしまうのか

 

コロナの行く末を見守ることになるであろう2020年

 

人類で一丸となり、みんなで世界と、サンダーストームの資産を守ってください!

 

ほんとお願いします(切実

 

 

以上、コロナショックは収束したけど今度はコロナ大不況がやってくるよ!でした

 

 

 

 

歌う=出したい音をイメージできるってことなんですよね

 

 

 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう