脱初心者!写真の構図を考えてみよう 世界を旅するプロカメラマンが教えるカメラ上達のコツ

 

出典はExpertVagabondoより

 

今日は写真の構図に
意識を向けてみましょう。

そうすれば、ステキな写真を
思い通りに撮れるようになりますよ。

 

 



●ウォーレンバフェットが欲しいもの


世界第三位の大富豪、
ウォーレンバフェットは毎朝

普通のサラリーマンと同じように
出勤するそうです


自分のオフィスまでは車で5分

途中、マクドナルドに寄って朝食を買う

一日中職場にいて、定時に帰宅する

残業はしない


オフィスでは何をしているかというと
5,6時間は「読んでいる」というのです


日刊紙を5紙、雑誌、本、リポートなど

彼はそれだけで投資判断をして
世界第三位の大富豪となったのです

つまりウォーレンバフェットは

誰でも手に入れることのできる
公開情報だけでお金を儲けている



そんなバフェットさんでも
今一番欲しいものがあります


それは

「もっと速く読む能力」

だそうです


たしかに、これは大金を積んだからといって
手に入るものではありませんからね


世界の大富豪も欲しがる速読能力

みなさんもこの方法でゲットしてください

今まで速読が身につかなかったかた必見
左脳速読術

 

 

 

 



 

もちろん常に奇をてらった写真を
撮るという意味ではありません。

普通に直立して、
まっすぐ構えて撮るのが
ベストな時もあるでしょう。

 

 

まずはいつものように
素直な写真を撮ってください。

 

 

スタンダードな写真を撮った後は、
低いアングルの写真を撮るため、
地面に寝そべってシャッターを
切ってみましょう。

 

 

 

 

ときには木によじ登り、
高いアングルからも
写真を撮ってみましょう。

 

 

 

 

いろいろな角度で撮影をしたら、
今度は色々な距離でも撮影してみましょう。

 

初めは遠くから。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は中距離で。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後は、
鼻息のかかるほどに近い距離から。

 

 

 

 

 

 

最初に閃いたイメージを撮っただけで、
決して満足はしないように。

 

 

木や岩、山、川、動物、人、、、
インスピレーションを大切にして、
そこにあるすべてのものを
あれやこれやとフレームに
おさめてみましょう。

 

 

ときには背景として、
ときには主役と背景の間に、

そして時には主役として
全面に押し出してみたり。

 

それらの要素は立体感を
演出してくれたり、雄大さや、
フレームにおさめきれなかった風景を
見る人が想像して楽しむ手助けを
してくれることでしょう。

 

 

 

 

それから望遠レンズの圧縮効果を
利用して構図を考えることも、
旅写真を撮る上でとても
大切な項目です。

 

圧縮効果とは、ざっくり説明すると
近くにあるものと遠くにあるものの
遠近感を狂わせ、あたかも
同一の距離に存在するかのように
見えてしまう効果のことです。

 

こちらの説明がわかりやすかったです。

 

ちょっと不思議な写真が撮れますので、
望遠レンズの圧縮効果にもぜひ
挑戦してみてください。

 

 



 

 

 

 

写真の構図を考えてみよう!まとめ

 

  • 角度を変える
  • 距離を変える
  • 主役を変える
  • 圧縮効果を狙ってみる

 

 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう