脱初心者!世界を旅するプロカメラマンが教える写真上達のコツ入門編◆まずは三分割法を意識しよう

 

出典はExpertVagabondoより

 
もっとも基本的な撮影技法の一つに、
三分割法というものがあります。

三分割法をマスターすれば、
よりバランスの良い構図の
ステキな写真を撮れるようになるでしょう。

 

 

 

 

 



1日平均70000円を稼ぎ出すプロトレーダーの頭ん中

 

 

 

 

 



 

写真の縦と横をそれぞれ三分割して、
構図をイメージしてみましょう。

そうすれば、写真が9つの四角形に
分けられると思います。

 

barn-building-cabin-259570grid

 

被写体をこの分けられた9つのセクションの、
どこに配置するのかがこの
三分割法のキモです。

どのセクションに配置すると
一番いい写真が撮れるのかを
じっくりイメージしてみましょう。

 

例えば、人物を撮る時。

中央にでーんと置くのではなく、
左の線に沿って撮った方が
見栄えのよくなるケースが多いです。

また、横向きで考えた場合でも同じです。

真ん中を水平に仕切るのではなく、
三分の一(もしくは三分の二)で
構図を考えるのがよいでしょう。

そうそう、さらに基本的なことですが、
写真を水平に撮るという意識は
常に持つようにしてください。

 

三分割法はお花畑な脳内のイメージで
やるばかりではなく、カメラの
グリッド機能をオンにすることで、
簡単に液晶画面に表示することもできます。

先に言って欲しかったですか?
はい、わたしもそう思います。

 

 

さあいざ撮影という段階になりました。

 

そこでは、まず、

 

今撮ろうとしているシーンで一番強調したいところはどこだろう 一番キーとなる部分はどこだろう

 

という問いかけを自分にしてみてください。

 

9つに分けたどのセクションに
そのキーとなる部分を持ってくるのか。

シャッターを押す時、常にこのことに
注意を向けられるようになれば、
あなたの写真を驚くほど改善をするでしょう。

 

 



 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう