脱初心者!世界を旅するプロカメラマンが教える写真上達のコツ 下準備をしよう

 

出典はExpertVagabondoより

 

 

 

 

 

 

 



●ウォーレンバフェットが欲しいもの


世界第三位の大富豪、
ウォーレンバフェットは毎朝

普通のサラリーマンと同じように
出勤するそうです


自分のオフィスまでは車で5分

途中、マクドナルドに寄って朝食を買う

一日中職場にいて、定時に帰宅する

残業はしない


オフィスでは何をしているかというと
5,6時間は「読んでいる」というのです


日刊紙を5紙、雑誌、本、リポートなど

彼はそれだけで投資判断をして
世界第三位の大富豪となったのです

つまりウォーレンバフェットは

誰でも手に入れることのできる
公開情報だけでお金を儲けている



そんなバフェットさんでも
今一番欲しいものがあります


それは

「もっと速く読む能力」

だそうです


たしかに、これは大金を積んだからといって
手に入るものではありませんからね


世界の大富豪も欲しがる速読能力

みなさんもこの方法でゲットしてください

今まで速読が身につかなかったかた必見
左脳速読術

 

 

 

 

 

 



 

下調べの大切さ

 

目的地の観光ガイドブックを
事前に読んでおきましょう。

また、インターネットで事前に
現地の情報を漁ってみれば、
撮るべき素晴らしい写真のヒントを
得ることができるかもしれません。

いい写真がとれれば、すなわちそれは
あなたのブログ記事がビカービカに輝く
結果へと繋がるわけなのですから。

 

 
現地にお友達がいるなら、
話を聞いてみましょう。

知り合いのフォトグラファーに、
オススメの場所を聞いてみましょう。

シャッターを押して、
現地の雄大な風景を斬り取ることに対して、
もっと物知りになりましょう。

 

オススメのリサーチツールは、
インスタグラムとGoogleイメージ検索です。

 

目的地のシンボルとなっている風景が
どこなのかを知りたいとき、
わたしはこのツールをよく使います。

 

実際にポストカードのラックを
見に行くのもまた同様で、
「撮るべき風景リスト」を作るのに
とても有効な方法です。

 

「ここええやん!」と思える風景を
一箇所でも見つけると、

他にももっとあるかな?とさらに
リサーチをするようになります。

 

 

 

 

どの時間帯の光の差し具合がベストなのか?
どの地点、アングルがベストなのか?
観光客など人が少ない時間はいつなのか?
目的地がアトラクションであるのなら、
何時に入れるのか?何時に閉まるのか?
天気は晴れなのか?
曇りなのか?
それともサンダーストームなのか?

 

こういった事前の準備をよくしないで
ただただ現地に突撃をすると、
時間を無駄にしてしまうことになります。

事前の準備を良くしておけば、
効率よく動くことができ、時間の節約、
ひいては最高のパフォーマンスで
最高の旅の写真を生み出すことができるのです。

 



 

 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう