プロが教える旅カメラの選び方 カメラ性能の予備知識篇

 

出典はExpertVagabondより

 

 

 

プロの旅するフォトグラファーとして、わたしは常に最高の旅カメラは何かを質問される。

数ある選択肢の中から、わたしが選ぶベストカメラと、その理由をシェアしていきたいと思います。

初回の今日は、旅カメラの性能の読み方・予備知識篇です。

 

 

 

 

 



9年連続1億円を稼ぎ出している
プロトレーダーイサム氏の最新作!


1日平均利確金額
+70933円(2018年6月時点)



9年連続1億円を稼いだ
プロのロジックを完全再現!

会員実績勝率91.8%あり

1日平均+70933円の利益実績

月利100%(証拠金2倍)
達成実績あり(※画像あり)

どこにいてもスマホで確認
スマホでトレード!

志願者117名全員利益が増えた!

一目でエントリーと
決済ポイントが簡単にわかる

張り付き不要!チャンス発生を
タイムリーにメールにお知らせ



などなど
特典やメリットなどは書ききれませんが、


極めつけは30万円稼げなかったら
返金保証という徹底ぶり



今だけもらえる7大特典も
お見逃しなく!!

期間限定無料キャンペーン中!!

 

 

 



 

あなたが写真の世界に飛び込み、最高のカメラを持って世界中を旅をすれば、その思い出が色褪せることはないし、家族や友達とその感動を共有することができます。

旅の記録である写真は、あなたの最高のタカラモノであり、喜ばれるオミヤゲでもあるのです。

 

しかしながら、そんな最高の瞬間を斬り取る旅カメラ。一体何を選ぶのが最適解なのでしょうか。

 

残念なことに、その問いに答えるのは簡単ではありません。人それぞれ旅のスタイルは違うし、撮りたいもの、予算などなど。取り巻く環境が違ってくるからです。

 

 

この記事の目標は、巷にあふれる数多くの選択肢の中から、あなたに最適の旅カメラの候補を可能な限り絞り込み、そのパーフェクト・旅カメラを手に次の世界旅へと出発してもらうことです。

 

 

 

旅カメラのチェックするべきポイント

 

 

 

サイズと重量

でかいが正義だった時代はもうずいぶんの昔に終わってしまいました。旅のお供に持ち出すカメラなら、「小さくて軽い」が正義となるでしょう。

 

 

 

マニュアル設定の多彩さ

プロのフォトグラファーは自分のカメラの操作について、隅から隅まで熟知しようとします。そうすれば、どんなシチュエーションにも対応できるからです。

 

 

 

画素数

多くの人々は画素数が多ければ多いほどよいと考えます。しかしながら、センサーサイズが小さい場合、それは必ずしも正しいとは限りません。センサーサイズが小さいカメラに、多くの画素数を詰め込むと、逆に画質が悪くなる場合もあるのです。重要なのは、バランスです。

 

 

 

レンズの明るさ

レンズの開口部は「f/数値」で表されます。たとえば、f/1.4とか、f/2.8、f4であるとか。数値が低いほど、暗い場所でもきれいな写真を撮ることができます。また、いわゆる「ボケ」をキレイに撮ることもできます。

 

 

 

 

ズームレンジ

ズームレンズは被写体により迫ることができ、より臨場感たっぷりに写すことができます。例えば野生動物やスポーツなど動きのある写真を撮るときなどです。

しかしながら、ズームレンズは大きく拡大できるものほど、かさばりやすいです。

 

 

 

動画のサイズ。HD?4K?

ほとんどの場合において、旅の記録という観点ではHD1080Pで充分です。プロの品質を求められない限り、4k動画が必要なシチュエーションというものには遭遇することはないでしょう。

 

 

 

Wifi/BlueTooth

Wifi通信機能を備えたカメラもあります。ホテルなどのWifiを経由しなくても、撮ったその場でPCやスマートフォンに画像を転送することができます。

 

 

 

交換式のレンズ

ミラーレス一眼とデジタル一眼レフはレンズを交換することができます。レンズを交換することで、あらゆるシチュエーションで完璧な写真を残すことが可能となるのです。

 

 

 

防滴・防水・防塵性能

あなたのカメラはあらゆる敵からの攻撃に、耐えることができますか?敵とは乱暴に荷物を扱うバスの運転手だったり、突然のスコールだったり、砂漠の砂嵐だったり。

防水・防滴・防塵に優れたカメラもあり、それは旅カメラを選択する際の大きな要素となります。

 

 

 

次回は、センサーサイズについて解説していきます。

 

 

 



 

 

次の記事はこちら

 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう