イギリスのEU離脱で強制ロスカットの雨嵐 ブレグジット2016阿鼻叫喚のTwitterまとめ

 

 

 

 

 

2016年6月23日に実施されたイギリスEU離脱の是非を問う国民投票。

 

サンダーストームも大きなダメージを受けましたが、FX市場では強制ロスカットをお見舞いされた個人投資が続発してまさに地獄絵図。

 

本日は当時の様子をTwitterからまとめてみました。

 



FXで月50万稼ぐために必要な7つのルールとは

 

 

 

 

 


・弁護士に費用倒れになる言われた

・裁判費用を用意するのが苦しい

・裁判を通してより多くの人々に知って欲しい


裁判を取り巻く環境、とりわけ個人や犯罪被害者などにとって長期に渡る訴訟の負担は大きなものとなっております。

「お金がないから」と泣き寝入りする前に、

裁判費用に特化したクラウドファンディング

リーガル119にご相談ください

【無料】裁判費用特化型クラウドファンディング

 

 

ファイナンススタジアムっていうFXトレーダーのランキングサイトがありました。

 

トレーダーの浮き沈みが具体的な金額でチェックできて見ててとてもおもしろかったんですが、なぜかサービス終了しちゃったんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

これでまだまだ序の口なんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

おはぎゃあですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

俺とは桁が違う。。。!と思ったけど、よく見たら、桁が違いました😅

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろで流れるBGMが秀逸です。笑ってすみません。

 

 

 

 

 

 

 

誰か止めてぇええええエエエ!!

 

 

 

 

 

 

言ってることはわからないんですが、この状況を踏まえて考えてみると、やっぱりわかんない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄道会社も把握してるんですな。

バルス砲で金曜夜に駆り出される中の人を、なぜか思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリギリの崖っぷちで強制ロスカットを回避した方。 僕もこれと同じクチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでも検証しているのですが、

 

 

ブレグジット2016は、アップルショック2019の倍のインパクトでした。

 

ブレグジット2016のインパクトがとてつもなく強大だったのは、この方の言う通りそもそも値動きの荒いポンドが震源地だったということも要因の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

結局、離脱賛成層と反対層で意見がまとまることなく2年半が過ぎて、2019年1月現在もグダグダになりながら「合意なき離脱」の瀬戸際に経っているわけなのです。

 

なんだか永劫の時の流れを感じさせるようで胸熱。

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリス人も損をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンド円は30年ぶりの安値だそうです。

 

 

 

 

 

 

トランプさんは大喜び。まだ大統領ではないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この方が大損していないことを祈ります。むしろ大損こいてて欲しいのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに。ヨーロッパの安い国でリタイア生活という選択肢が難しくなるのではないですかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

FXをやっていない一般の方は、こんな感覚ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポンド円はこの後124円台まで下がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

資産に余力を残していない状態で相場が大きく動いてしまうと、身動きがとれなくなってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

メンタル強い😆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文才すごい😳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-150万円ですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FXやってない 47%
損した!(10万円以下) 17%
損した!(100万円以上)13%
ロ ス カ ッ ト 24%

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると日経平均も無傷ではいられませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳みその理解が追いつかなくって、FXしよう!って思わなかったので僕セーフ!

 

 

 

 

 

最後に😉

 

2016年当時、これだけの爪痕を残したブレグジット問題ですが、2019年1月現在に至ってもまだ収束しておりません。

 

来る2019年1月15日には英議会で採決が行われ、その結果しだいでは「合意なき離脱」となる可能性があり、予断を許さない状態です。

 

ジェットコースター相場が大好物なサンダーストームですから、ビッグインパクトからの乱高下はむしろウェルカムなのですが、

 

僕のブログやTwitterを読んでくれているみなさまもしっかりと備えて、大損しないことはもちろん大儲けできるといいなあ、なんて切実に願うばかりでございます。

 

 

夢と希望、それから独りで背負うにはあまりに軽くない2019年という時代の重みを旅鞄に詰め込んで、お金をいっぱい稼ぎましょうね!

 

 

以上、ブレグジット2016で阿鼻叫喚の鳥獣戯画Twitterまとめ!!でした。

 

 



関連記事読んじゃう