英議会はEU離脱協定案否決で強制ロスカット続発。ポンドはブレグジットでまだまだ大荒れTwitterまとめ 後篇

 

 

 

前篇から続いています。

 

 

揉めに揉めているイギリスのEU離脱問題。

 

 

離脱は決まったけれど、今度は離脱後のルールの取り決めで揉めて、結局その協定案がイギリス議会で大差の否決となりました。

 

ポンドはまたまた大荒れとなったわけなのですが、その時日本時間ではみんな夢の中。

 

夜が明けて、後篇スタートです。

 



●ウォーレンバフェットが欲しいもの


世界第三位の大富豪、
ウォーレンバフェットは毎朝

普通のサラリーマンと同じように
出勤するそうです


自分のオフィスまでは車で5分

途中、マクドナルドに寄って朝食を買う

一日中職場にいて、定時に帰宅する

残業はしない


オフィスでは何をしているかというと
5,6時間は「読んでいる」というのです


日刊紙を5紙、雑誌、本、リポートなど

彼はそれだけで投資判断をして
世界第三位の大富豪となったのです

つまりウォーレンバフェットは

誰でも手に入れることのできる
公開情報だけでお金を儲けている



そんなバフェットさんでも
今一番欲しいものがあります


それは

「もっと速く読む能力」

だそうです


たしかに、これは大金を積んだからといって
手に入るものではありませんからね


世界の大富豪も欲しがる速読能力

みなさんもこの方法でゲットしてください

今まで速読が身につかなかったかた必見
左脳速読術

 

 

 

 

 



 

 

終わりの始まりだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

騒動の前から24時間ずっと張り付いていた猛者も。資金がw

 

 

 

 

 

 

 

 

大局は、ポンド売り?

 

 

 

 

 

 

 

100万円ですかね😲

 

 

 

 

 

 

 

「ポンドちゃん」というアカウントに、「前おつ」という挨拶をするのが界隈で流行のようです。

 

 

 

 

 

 

 

勝ち組の方😉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14万円稼いだ方も。羨ましい。

 

 

 

 

 

 

 

この方は日経とポン円ダブルでやられて過呼吸気味だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10万円の損失。

 

 

 

 

 

 

 

 

マイナス80万円。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の乱高下でも、FX業者のツールが使えなくなる場面もあったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

おはぎゃぁあですね😅

チャートの動きも意味不明でしたし。

 

 

 

 

 

 

 

損切りは大事って、わかってはいるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

資金とポジションのコントロールも、FXスキルの一つですね😋

 

 

 

 

 

 

 

 

淡々とした3段落ちが、面白かったです。失礼😅

 

 

 

 

 

 

 

英国EU離脱協定案否決 後篇まとめ

 

アップルショック2019や2016年のブレグジットと比べると、インパクトは小さめでしたね。

 

事前に、協定案が否決されることもある程度想定されていたというのもあるのかもしれません。

 

それでもやっぱり強制ロスカットをお見舞いされている方はたくさんおりました。

 

明日は我が身で気を引き締めて、これからもお金をいっぱい稼いで行きたいと思います。

 

 

 

 

以上、英国EU離脱協定否決でブレグジットはまだまだ終わらないよ!でした。

 

 



関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう