関税合戦 米中貿易戦争の裏側で何が起こってるか知ってます?ぼく知ってる

 

 

アメリカと中国でぅわぁーわぁー
勃発した今回の関税合戦。

蓋を開けてみれば、相当な大事になっていました。

 

舞台裏では、何が起こっているのでしょうか。

 

本文を見てみましょう。

 

 

 

 

 



9年連続1億円を稼ぎ出している
プロトレーダーイサム氏の最新作!


1日平均利確金額
+70933円(2018年6月時点)



9年連続1億円を稼いだ
プロのロジックを完全再現!

会員実績勝率91.8%あり

1日平均+70933円の利益実績

月利100%(証拠金2倍)
達成実績あり(※画像あり)

どこにいてもスマホで確認
スマホでトレード!

志願者117名全員利益が増えた!

一目でエントリーと
決済ポイントが簡単にわかる

張り付き不要!チャンス発生を
タイムリーにメールにお知らせ



などなど
特典やメリットなどは書ききれませんが、


極めつけは30万円稼げなかったら
返金保証という徹底ぶり



今だけもらえる7大特典も
お見逃しなく!!

期間限定無料キャンペーン中!!

 

 

 

 



 

今年の9月24日、トランプ政権は
対中国制裁第3弾を発動しました。

内容は、中国からの輸入品
1000億ドル相当に
10%の関税をかけるというもの。

 

これに対して中国は、
アメリカからの輸入品
600億ドル相当に
関税をかける意向をしめしました。

 

泥沼の関税合戦の始まりです。

 

表向きは、
アメリカの貿易赤字の是正とか、
知的所有権、労働者保護
などのためと言われています。

しかしながら、
本音のところは大きく違います。

これは実質、アメリカと中国の、
世界覇権をかけた大戦争の始まりと
認識すべき段階に来ているのです。

 

戦争とかこのご時世にそんなばなな

 

と思う方もいるかも知れません。

かくいう以前のわたしもそうでしたから。

 

わたしたちは普通、戦争と聞くと
戦闘機を飛ばしたり、
ミサイルを打ち上げたり、
戦車を転がしたりといった、
武力戦争のことを思い浮かべると思います。

しかしながら、ひとことに戦争と言っても、
いくつかの段階があります。

 

  1. 情報戦争
  2. 外交戦争
  3. 経済戦争
  4. 武力戦争
  5. 核戦争

 

各段階の詳細はおいおいの記事で
紹介していく予定ですが、

経済戦争とは敵国にお金が
回らないようにして
ジワジワと弱らせていく
いわば兵糧攻めの現代版です。

 

今のアメリカと中国は、
武力戦争の一歩手前、
この経済戦争の段階まで
来てしまっているのです。

 

 

「平和ボケした日本人」

 

なんてよく揶揄されますが、
残念ながら、これは概ね
事実だと思います。

 

現に、このアメリカと中国の関税合戦を
「戦争が始まっている」
と認識している日本人は
まだまだ多くはないでしょう。

 

僕もあまりおおっぴらには
話題にしませんが、こういったニュースが
テレビで流れたときに、

一緒に見ている
シェアハウスのルームメイトたちに

「始まるぞー、始まるぞー」

とさりげなーく遠回しーに
カマ掛けてみるんですが、
みんなスルーですw

 

ただこれは、
平和ボケしている日本人を
責めているとか、見下しているとか、
そういうわけではありません。

そのような教育を受けたわけでもないし
そういった考えをもつ習慣も文化も
ないわけですから、
仕方のないことなのです。

 

大切なのは、気づけたときに
考えること、行動することです。

そして知らない人には
うまく気づかせてあげることです。

 

こうして佳境に突入しつつある
アメリカと中国の覇権をかけた最終戦争。

世界の潮流を見誤らずに、
大切な財産と、
あなたの周りの大切な人たちを、
このビッグウェーブから
守ってあげてくださいね。

 

 

僕のこの考えは、僕が師匠と勝手に呼んで
一方的に弟子入りしている
北野幸伯さんの分析を元にしています。

元にしていると言うかそのまんまです。

それなりに国際情勢の書籍には
挑戦しましたけれども、

専門用語とかがむつかしくって読み難くって、
全然頭に入ってきませんでした。

そんな手強い書籍に
ヒーヒー苦しみ悶えていた中で
出会ったのが北野幸伯先生の書籍でした。

 
 
 
 

師匠の文章は難しい専門用語も
必要最小限にとどめていて、

その出てくる専門用語にも
噛み砕いた説明で補足がされていて、

読みやすい文章でスラスラ読める上に、

そもそも
「国際情勢はいたってシンプル」

という前提の分析なので、
それまで複雑怪奇と思われていた
国際情勢の図がスッと頭に入ってきたのです。
 
 
情報の出どころもわたしたちと同じ
新聞やニュースの記事。

それでいて国家の趨勢に関わる大局の
未来予測はビタッビタに的中させています。
 
 
 
興味は断然あるんだけれども
どうもとっつきにくくって

と二の足を踏んでいる方にはすごくオススメの国際政治ジャーナリストさんです。
 
 
 
無料のメルマガも配信しておりますので、
まずはこちらからお試しという手も
全くのアリでございますぞ。
 
 
 

 



関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう