原作を超えたアニメ 「宝石の国」 大人アニメシリーズ

 

 

 

自由でエキサイティングなセミリタイア生活が始まったことをいいことに、dアニメストアでアニメ見まくっております。

 

dアニメストアとは、400円でアニメが定額で見放題になる神様のようなサービスです。

 

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】

 

評判の良かった「宝石の国」というアニメを観たのですが、面白くて先が気になって、もうノンストップでしたよ。

 

 

ネタバレちょっと注意です。

 



●ウォーレンバフェットが欲しいもの


世界第三位の大富豪、
ウォーレンバフェットは毎朝

普通のサラリーマンと同じように
出勤するそうです


自分のオフィスまでは車で5分

途中、マクドナルドに寄って朝食を買う

一日中職場にいて、定時に帰宅する

残業はしない


オフィスでは何をしているかというと
5,6時間は「読んでいる」というのです


日刊紙を5紙、雑誌、本、リポートなど

彼はそれだけで投資判断をして
世界第三位の大富豪となったのです

つまりウォーレンバフェットは

誰でも手に入れることのできる
公開情報だけでお金を儲けている



そんなバフェットさんでも
今一番欲しいものがあります


それは

「もっと速く読む能力」

だそうです


たしかに、これは大金を積んだからといって
手に入るものではありませんからね


世界の大富豪も欲しがる速読能力

みなさんもこの方法でゲットしてください

今まで速読が身につかなかったかた必見
左脳速読術

 

 

 

 

 



宝石の国の世界

 

人類が滅んでもう何万年何十万年経ったかもわからんくらい未来のお話です。

 

地球上に存在する生命体(?)は宝石や金属から生まれ陸で活動する宝石人と、

 

そんな宝石人達を狩りに月からやってくる月人たち。

 

なぜ月人は宝石人を狩りに来るのか。目的は不明。

 

それでも宝石人たちは生き残るため、月人と戦い続けます。

 

そんなミステリアスな設定に、なに?なんなの?と惹き込まれていくわけなんですねー。

 

 

 

ノリはコミカル

 

と、設定だけ並べ連ねてしまうとヘヴィーでダークな物語を想像してしまいそうですが、

 

この物語の主人公でもある落ちこぼれ宝石「フォスフォフィライト」の軽いノリで、明るいふいんき(←なぜか変換できない)の作品となっております。

 

宝石人たちの表面上の優劣を決めるのは主に「硬さ」や「割れにくさ」なのですが、

 

フォスフォフィライトの硬さは10段階中でいうところの3半。

 

登場人物の中でも下から2番めの脆さです。

 

(最弱宝石はまた別におりますが、それもまたストーリーの重要な要素になっておりますのでそこらへんも要チェックなのです)

 

 

ちなみに最強はダイヤモンドとブラックダイヤモンドの硬度10です。

 

フォスフォフィライトは自分の欠点をよくわかっており、自虐的に振る舞います。

 

他の宝石人達も、自分が優れているからと言って鼻にかける様子もありません。

 

それが、この作品のノリを明るくコミカルにしている要素のひとつなのでしょう。

 

 

 

 

 

アニメは原作を超えられるのか

 

僕はダイアモンド・完全・アニメは原作を超えられない派です。

 

「これはアニメでもアリかな」といったレベルのものはそれなりにありますが、「アニメのほうが上」のと言い切れる作品は多くありません。

 

宝石の国は、そんな僕が認める、数少ない「原作を超えた」アニメの中のひとつなのです。

 

 

 

大きな声では言えませんが

 

と言いますのもこれには少しトリックがありまして。

 

あまり大きな声では言えないのですが、原作の市川春子さんはですね、あのー、なんといいますか。

 

絵がですね、独特と言いますか、個性的と言いますか、あまりその、絵がですね、なんだ。

 

登場人物は結構たくさん出てくるんですが、絵がですね、白黒の原作だとちょっと見分けがつかなかったり、

 

特に戦闘描写なんですが、絵がですね、動きがよくわからなかったり。

 

 

 

 

最初は原作で読み始めた僕でしたが、1巻読み終わったところでアニメに切り替えたのでした。

 

 

 

 

 

アニメがすごい

 

テーマが宝石ということで、画はキラッキラで綺麗。

 

モーションキャプチャを駆使した3DCGで作られているから動きも細かくなめらかで、それでいて迫力もある。

 

原作で表現しきれていなかったその魅力を、アニメがしっかりと補っていました。

 

 

 

 

 

それでも、また原作に戻る

 

アニメを一気に見終わってしまったのですが、なんと完結してなかったんです!

 

シーズン2に続く!みたいな?

 

おあずけとなりぎゅぁああああああ!となったわたしは、話の先が気になって原作に戻ることになります。

 

絵が独特なので好みが分かれるのでしょうけれども、先が気になる!となるのはやっぱりストーリーが面白いからだと思うのです。

 

 

 

 

そして原作では

 

原作も、まだ完結していなかった!

 

ぎゅぁああああああ!

 

早く続きを!早く続きを読ませてください!!

 

 

 

 

 

声優の黒沢ともよさんもよいのです

 

主人公フォスフォフィライトの声優をつとめているのが黒沢ともよさんです。

 

フォスフォフィライトのキャラクターを実に良く掴んでいて、むしろいい具合に独自の解釈でテイストを追加していて、キャラクターに厚みができています。

 

で、声がぜんぜん違ったので気づかなかったのですが、黒沢さんは「響けユーフォニアム」の主人公役もやっていたのですね。

 

忘れもしません。主人公の女の子が「先輩と一緒に吹きたいんです!」と涙ながらに訴えるシーンに、僕は圧倒されました。

 

フォスフォフィライトの声優がその黒沢さんと聞いて、驚く半面、ものすごく納得なのです。

 

 

 

一番オススメのシーン

 

いくつかありますが、一つだけあげろといわれたらここでしょうか。

 

僕がお腹をかかえて笑い、何度も繰り返しリピートした場面があります。

 

「なんだ?やるか?前ほど怖くねーぞ」

 

このフレーズでどこだかわかりますかね。むしろここで笑ったの僕だけですかね。

 

結局怖いのは変わってねえかよw

 

という無言のツッコミが凝縮されているこのシーン、ぜひ探してみてください。

 

 

 

 

宝石のことググっちゃう

 

宝石の国みたひとあるある。

 

登場人物が宝石にちなんでおりますので、多分僕だけじゃないと思いますが宝石について調べるようになります。

 

フォスフォフィライトとか、アンタークチカサイトとか、ジェイドとか、ブラックダイヤモンドとか。

 

なかでも気に入ったのは、ダイアモンドより割れにくいというブラックダイヤモンド。

 

黒い見た目のせいか、ダイアモンドほど高くもないんですよ。

 

ブラックダイヤモンドのなんかしらのアクセリー、ほしいなあ。

 

 

 

 

 

と、いうわけで

 

「早く続きを見せろぉおおおおお!」となるくらいのめり込んでしまった宝石の国。

 

設定やストーリーもよく練られていて、こちらもバッチリ大人が楽しめるアニメとなってございます。

 

原作を超えたと言うよりも、アニメの特性を120%生かしてアニメ化したただの神アニメって感じでしょうか。

 

オススメしといてなんですが、僕と同じようにぎゅぁああああああ!とハゲそうになったらごめんなさい。

 

一緒にギリギリしながらセカンド・シーズンを待ちましょう。

 

 

 

 

 

「宝石の国」は月400円で見れます

 

「dアニメストア」というDocomoのサービスが見放題でお得です。

 

ドコモユーザーでなくても利用できます。ちなみに僕はauです。どうでもいいですか。

 

しかも今なら1ヶ月無料でお試しできますので、ぜひこの機会にサンダーストームいちおしアニメ「宝石の国」みなさんもどうぞー!!

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】

 

 

 

 

以上、アニメ「宝石の国」は原作とアニメがガッチリ神合わさった神アニメ、神なだけに!!でした。

 


 



関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう