大暴落のインパクトを測るオレオレ指標その1 サンダーストーム為替変動指数とは

 

 

サンダーストームが独自の為替変動指数を作りました。

 

その名も「サンダーストーム為替変動指数」です。

 



●ウォーレンバフェットが欲しいもの


世界第三位の大富豪、
ウォーレンバフェットは毎朝

普通のサラリーマンと同じように
出勤するそうです


自分のオフィスまでは車で5分

途中、マクドナルドに寄って朝食を買う

一日中職場にいて、定時に帰宅する

残業はしない


オフィスでは何をしているかというと
5,6時間は「読んでいる」というのです


日刊紙を5紙、雑誌、本、リポートなど

彼はそれだけで投資判断をして
世界第三位の大富豪となったのです

つまりウォーレンバフェットは

誰でも手に入れることのできる
公開情報だけでお金を儲けている



そんなバフェットさんでも
今一番欲しいものがあります


それは

「もっと速く読む能力」

だそうです


たしかに、これは大金を積んだからといって
手に入るものではありませんからね


世界の大富豪も欲しがる速読能力

みなさんもこの方法でゲットしてください

今まで速読が身につかなかったかた必見
左脳速読術

 

 

 

 



サンダーストーム為替変動指数とは

 

どれだけ為替相場が変動したかの目安になる指標です。

 

 

 

 

 

 

計算方法

 

サンダーストームが独断と偏見で選びだした通貨ペアの、

 

  1. 日足の高値と安値の差を出して
  2. その1週間分を合計して
  3. 平均値を出す

 

というシンプルな指数です。

 

対象通貨は

米ドル円
ユーロ円
ユーロ米ドル
ポンド円
豪ドル円
南アフリカランド円

です。

 

 

 

 

 

 

どうやって使うの?

 

2016年のブレグジット大変動や、2019年のアップルショック大変動のように、為替が大きく動いた時にこの数字を見て

 

 

 

「や っ ぱ り す ご い で す ね」

 

 

 

 

と一喜一憂するための指標です。

 

 

 

このブログでも、トレード日記にこんな感じ毎回登場しています。

 

取引回数 30回

15,710円

サンダーストーム為替変動指数:104

 

 

 

 

 

 

目安は?

 

サンダーストーム為替変動指数 = 変動PIPS

 

と考えてもらってよいです。

 

その週は一日平均何PIPS動いたのかな?大雑把な傾向を知るための指標ですから。

 

 

 

 

トレードに使えますか

 

 

多分使えないと思います。

 

 

 

 

 

暇なの?

 

本当は忙しくてそれどころではないのですが、暇です。

 

 

 

 

洗濯機とかずーっと見てられる僕なので、こういう数字を並べて眺めるのは嫌いじゃないんですよね😅

 

 

 

 

 

以上、いつか誰かのなにかの役に立つ日が来るのかなあサンダーストーム為替変動指数!でした。



 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう