そろそろNEET(ニート)から投資家・資産家を除外してあげようと思うのですが

起動ボタンとかは、ないんですけれどもね

 

 

ニートとは

 

not in education, employment or training

 

の略で、学校に行ってない・働いていない・なんらかの資格・職業訓練をうけていないそんななんの生産もせえへん世捨て人のことを指します。

 

メッセージの返信時間が昼間だったり深夜だったりするので、以前住んでいたシェアハウスのハウスメイトに

 

「貴様さてはまだ働いてねえな?」

 

と突っ込みを入れられてしまった僕は、今日も自分の正当化に忙しいのであります。

 



9年連続1億円を稼ぎ出している
プロトレーダーイサム氏の最新作!


1日平均利確金額
+70933円(2018年6月時点)



9年連続1億円を稼いだ
プロのロジックを完全再現!

会員実績勝率91.8%あり

1日平均+70933円の利益実績

月利100%(証拠金2倍)
達成実績あり(※画像あり)

どこにいてもスマホで確認
スマホでトレード!

志願者117名全員利益が増えた!

一目でエントリーと
決済ポイントが簡単にわかる

張り付き不要!チャンス発生を
タイムリーにメールにお知らせ



などなど
特典やメリットなどは書ききれませんが、


極めつけは30万円稼げなかったら
返金保証という徹底ぶり



今だけもらえる7大特典も
お見逃しなく!!

期間限定無料キャンペーン中!!

 

 

 

 

 

資産家はニートなのか

 

余るほどのお金を持っていて働く必要のない悠々自適な人たちが世の中にはおります。

 

彼らを現行のニートの定義に当てはめますと、ニートです。

 

だって学校行ってないし、会社にも行ってないし、アビバで資格のお勉強もしてませんから。

 

さすがに僕もアホではありませんから、余るほどのお金や株式から不労所得を得て納税までしているスーパーニートと、

 

働きたくないからと言って家に閉じこもって国民の義務を放棄しているニートを一緒にするのは、どう考えてもおかしいということに、わからないほどではないくらいに理解できているからであります。

 

 

 

 

ニート(NEET)にアイを追加しようぜ

 

そんなわけで、

 

Not in
Education
Employment
Traning

 

に、「I」を追加しようと思います。

 

NIEET

 ↑

 

並び的にはこの辺がよいんじゃないかと。

 

読み方も「ニート」のまま変えずにすみますしね!

 

NIEETのIは、Investment(投資)のIです。

 

 

学校行ってないし、

お勤めもしていない、

職業訓練も受けていないし、

資産家でもない

 

これからはそんな人達を資産家と区別してニートと呼ぶことにしましょう。

 

 

 

★音声付き! メールで質問ができる!☆通信簿が2で、英語が大嫌いだったのに、 半年で通信簿45→72、1年でTOEIC 900を達成!英語苦手克服のカギは英文法にあり!英語苦手、英文法苦手を克服した経験を基に、 英文法を、初心者でも分かるように教えてくれます! →ゼロから英語

 

 

 

 

だから今日から俺のことをニートと呼ぶんじゃねえ

 

こう見えて僕は為替やビットコインで日々のご飯代を稼いでいる人です。

 

 

言わば投資家です。NIEETのIです。誰がなんと言おうと。

 

だから今日から、僕のことをニートと呼ぶのはやめてあげてくださいね\(^o^)/

 

 

 

 

 

歌う=出したい音をイメージできるってことなんですよね

 

 

関連記事読んじゃう

 

 

 

 

 

 

Be the first to comment

コメントしちゃう